実践者に聞く移住の極意

地域の暮らしも暮らしの手間も、面倒なことが、実はとっても楽しい。やりたいことがいっぱいあるから、田舎暮らしだって忙しい。
某月某日 関市・美濃市・郡上市に移住された方々に郡上市明宝にある古民家「源右衛門」に集まってもらい、語り合ってもらいました。

それぞれに転機と決断

小林:皆さんは、何を求めて今の土地に来たんですか?

井口(可):きれいな水と土ですね。人の健康って、それが原点だと思うから。

井口(友):僕もそう思いましたし、彼女の願いを一緒に叶えようと思って、決めました。

小野:プラント建設に従事する転勤族の日々に「仕事人間で終わるのか」と疑問を感じ、決断しました。平地暮らしで無機質な素材を扱っていたせいか、山や木が恋しくなり、岐阜県立森林文化アカデミーに入学。結局、そこで出会ったNPOが現在の仕事で、地元の森の木を使った手づくり体験の講座をやっています。

諸橋:会社を辞め、1年間沖縄のゲストハウスで働いたとき、家具を作った経験から、ものづくりをしたいと思い、岐阜県立森林文化アカデミーで木工を勉強しました。食べ物同様、材料にもこだわりたいと考えていた矢先、郡上おどりに来て、大量に消費される下駄が地元産ではないことを知り、「これだ」と思い、郡上の木で下駄を作ることに。それで郡上へ引っ越しました。幸い、まわりの皆さんに良くしていただいて、ありがたいです。これからも地元のために役立つ仕事をしていきたいと思っています。

移住者座談会

移住成功体験の鍵は何?

小林:移住には家族の理解はもちろん、大切なことがいろいろありますよね。

小野:その通り。私は、子どもの小学校入学のタイミングで決断しました。妻が「いいよ」と言ってくれたことも大きかったです。

諸橋:僕は昨年結婚し、妻は東京の下町から来ました。郡上八幡の市街地にある店舗兼用の借家に住んでいますが、商店街の人情味のある雰囲気が「東京の下町っぽい」と気に入ったようで、すっかり馴染んでいます。移住イコール田舎ではなく、いろんなエリアがあるので、自分や家族に合った選択ができると思いますよ。

井口(友):僕たちは一緒に話し合って、一緒に水のきれいな場所を求めて、二人で見つけたのが現在の家。「空き家ないですか?」って地元の人に声を掛けて探しました。

井口(可):築60年くらいの借家で、お隣も離れているので庭では鶏を放し飼い。自分たちで家や設備を直したりして、お金を使わない手づくりの暮らしを楽しんでいます。今は二人とも、地域のことや自然のことをいろいろ知って充電中。家のことをやったり、沢登りをしたり、川や魚のことを勉強したり、雪下ろしの道具を工夫して作ってみたりと、やること、やりたいことが一杯で毎日大忙しです(笑)。

小野:そうそう、「移住したらのんびり」というイメージは違いますね。私のところではお祭りの準備とかもあって忙しい(笑)。でも、参加したらすごく楽しくて、苦労した分、喜びも大。今は祭り近づくとワクワクしています。

小林:なるほど、家族の合意はもちろん、不便や面倒なことを逆に楽しんでしまえる前向きな姿勢や、自分の暮らしを作っていく情熱が、移住する人には欠かせないようですね。私たちも元気に暮らして、これから来る方々を迎え入れたいものです。

  • 井口可奈古さん関市 井口可奈古さん
    岐阜県出身(30歳)
    銀行勤務、マッサージサロン経営を経て健康志向を強め、良い水と土を求め、夫婦で移住。
  • 井口友博さん関市 井口友博さん
    岐阜県出身(30歳)
    以前は名古屋でコンサルタント業務。結婚後、妻の願いを叶えるべく関市板取へ移住。ホビー系商品のネット販売を行いつつ、川や魚にも興味津々。
  • 小野敦さん美濃市 小野敦さん
    愛知県出身(47歳)
    NPO法人ウッドワーク協会理事長。転勤族のサラリーマン生活を捨て、39歳で美濃市へ。妻と子ども2人の4人家族。
  • 諸橋有斗さん郡上市 諸橋有斗さん
    愛知県出身(28歳)
    株式会社郡上割り箸下駄事業部部長。郡上市で地元の木を使った下駄を制作・販売。店舗兼住宅で妻と二人暮らし。
  • 小林謙一さんコーディネイター 小林謙一さん
    埼玉県出身。
    ふるさと郡上会代表。東京で20年間CGの映像制作に関わった後、岐阜県へ。2009年より郡上市交流・移住推進協議会の職員を務め、移住相談や地域づくりに尽力

動画から地域を知る

市別に情報を探す

お知らせ・イベント

関市・美濃市・郡上市